本文へスキップ

当社はカラーゴムコンパウンドのメーカーとして多種多様なお客様のニーズに応えると共に、常に時代に先駆した技術開発と品質向上に積極的に取り組んでおります。

事業内容多様化するゴム産業界と共に、カラーゴムコンパウンド技術で未来をめざします

事業内容  ニチダイが製造するカラーゴムコンパウンドは、あらゆる産業分野で使われています

 ニチダイの製品は、国内のメーカー始め広くアメリカ、アジア、ヨーロッパ、オセアニア、などへ輸出され、国内企業やその海外工場や現地法人にて、最終加工され一般消費者の目にとまる物となります。製品は、主に自動車用部品、マットや、ホース、コンベアベルト、OA・通信・IT・建築・機械・プラント・輸送機・船舶・医療・ゲーム・電話…などあらゆる産業分野でさまざまな機能と性能を持つ製品に使用されています。ニチダイは40年以上にわたり、色物のゴム市場に特化した事業を展開して参りました。ニチダイの製品はいわばゴム製品の素材(半製品)それぞれの産業界において、機能を変え最終製品を構築する重要な素材として役立っています。
ニチダイはゴムの精練業界に属しており巧みな技術とノウハウから顧客に喜ばれる製品の開発と提供に日夜努力しております。

カラーゴムコンパウンドとは

 ゴムといえば・・黒いタイヤやチューブがまず一番先に思い出されることでしょう。このようにゴムといえば「黒いもの」のイメージがありますが、最近では、カラーコーディネイターの仕事など、色と生活空間を想像し創り出す、そんな需要が高まっています。カラーゴムといえば、家具や内装品などインテリアの分野では、装飾品との調和を図る為に、また電線などは、電極のプラス線とマイナス線やアース線のようにそれぞれを色で識別するために使用されています
 では、カラーゴムコンパウンドの代表的な精練(生産)工程について説明します。ゴムの原材料の混合物がゴムコンパウンドといいます。原材料には、天然ゴムや合成ゴムのようなゴムの主原料となるもの、炭酸カルシウム、カーボンブラック・ホワイトカーボンなどの充填剤や補強剤、硫黄・老化防止剤・架橋剤・促進剤など、ゴムの特性や機能を持たせる工業薬品類、軟化剤や可塑剤などオイル類、各色のカラーバッチなどがゴム製品の機能に合わせて配合処方されバンバリーやニーダー、ロールといわれる混練機により混合されます。混練機は冷却及び電力量と加圧力により制御されゴム原材料に対するエネルギー量をコントロールすることにより混合されます。

   












バナースペース

ニチダイ株式会社

〒578-0935
東大阪市若江東町六丁目6-2

TEL 06-6724-4567
FAX 06-6732-1183